3) 脊柱を正す操作

 脊柱と胸郭(きょうかく)仙骨も矯正できます。

図9.脊柱を正す操作


<赤ちゃんの姿勢>

(1) 赤ちゃんはうつ伏せで寝ます。

<ママ>

(2) ママは赤ちゃんに馬乗りになって、両膝を開き膝を立てて構えます。

(3) まず、左右の手を重ね、腕を伸ばして赤ちゃんのお尻の中心に当て
   ます。

(4) 両手に体重を掛けて、ゆっくり押してゆっくり離します。「ハーッ」と。
   一と押し二秒ほどで、腰の力を両手に掛けて真下に押します。

(5) お尻の中心(仙骨)から頭に向かって、脊柱(図2、脊柱と仙腸関節、
   参照)を肩口まで、膝ずりで移動しながら操作して下さい。
   お尻から肩口まで、十回ほどを一セットで、二回ほど繰り返せばよい
   でしょう。
 
【概念】 脊柱と最近の難病の傾向

@ 赤ちゃんのお尻を押すと、仙骨が「ポキポキ」と音がします。年齢を重
   ねると音がしなくなります。それは五個の仙椎(せんつい)が塊って
   ひとつの仙骨になったからです。完全に塊るのは成人してからですが、
   治療による弊害は有りません。そのようなことは、仙骨の左右の寛骨
   (かんこつ)も同じです。寛骨は腸骨(ちょうこつ)、坐骨(ざこつ)、恥骨
   (ちこつ)の3個の骨が(図3、骨盤 参照)成人になって一つの寛骨に塊
   りますが、なぜか音はしません。寛骨も治療による弊害は有りません。
   赤ちゃんの時に来院され、今では優秀な中学生や高校生になってい
   る、お子様が多数おられます。

A 両手の押圧は初めは軽く、慣れると自然に適度な力加減が分かって
   きます。脊柱や胸郭は姿勢や健康に大きな影響を与えます。骨盤の
   歪みで、脊柱は初めは左右にS字状に湾曲します。骨盤の歪みが進
   むと前後にも脊柱は曲がります。いわゆる「猫背やくの字腰」です。

B 子供の頃のぜんそく、アトピー、湿疹は背骨の歪みが原因です。また、
   近頃若い人でも多くなった自律神経失調症、うつ病、各種精神病など
   難病は、脊柱の歪みが一層進んだことによるものです。

C 近ごろの若い人は背丈が伸びても、筋力が低下し骨格を支えられず、
   骨盤を中心とした骨格が歪みやすくなった為だと思います。西洋医学
   がいくら進んでも、いくら薬剤を飲んでも治らないのはこの為です。
   骨盤のズレによる歪みを正せば確実に治ります。

D 『日進月歩の近代医学といわれながら』難病が増加するのは、からだ
  の化学的原因ではなく、関節の物理的な原因によります。成長過程で
  一番大切な赤ちゃんの頃は、愛情のこもったママの骨盤矯正が一番
  の薬です。
←BACK  NEXT→


TOP院長プロフィール医学の盲点は免疫力の軽視骨盤の歪みは万病のもと(原因)
人はこうして病気になる骨盤矯正(骨盤調整)のここがスゴイ!ママは治療師
顔はほてるし手足は冷えるわけお尻からおおきくなり太るわけ
ゴムバンド健康法施術写真回復事例ご案内お問い合わせ


岐阜県岐阜市白菊町3−14マルイチビル2F   058(232)5036

Copyright (C) 2005 Pelvic Health Center All Rights Reserved.