TOP
清水忠義院長プロフィール
医学の盲点は免疫力の軽視
骨盤の歪みは万病のもと(原因)
人はこうして病気(難病)になる
骨盤矯正(骨盤調整)のここがスゴイ!
ゴムバンド健康法
骨盤調整・整体 施術写真
回復事例
料金・アクセス等のご案内
お問い合わせ
掲示板

4) 胸鎖関節を正す操作


 胸鎖関節を正すと上肢(じょうし)の肩から指先までの関節に効きます。

図10-4 加圧方向と目標

<赤ちゃんの姿勢>

(1) 赤ちゃんは仰向けに寝ます。

<ママ>

(2) ママは赤ちゃんの右側です。赤ちゃんのお腹付近に右膝を付き、頭頂
   付近に左膝を立て、片足立ちとなり、腰を浮かせて構えます。

(3) 左手で赤ちゃんの右腕の肘(ひじ)よりやや先を軽く?み、右手の手の
   ひらの手根部(図10-2)を、赤ちゃんの右胸鎖関節(図10-3)に引っ
   掛けるように当てます。その時、お母さんは右脇を開け、肘を右横に
   突き出すようにして少し曲げ、右手薬指を赤ちゃんの鎖骨の上に沿わ
   せます。

(4) 浮かせた腰の起動で上体を少し前方に突っ込み、前に出した左足で
    踏ん張ります。同時に、ママの右肩を自分の懐側(ふところがわ)に
    入れるように、斜め内下に加圧操作をします。「ハッ」と。

(5) 加圧操作の方向と目標は図10-4に示す通りです。つまり、加圧部の
    ママの右手根部は、赤ちゃんの胸鎖関節を胸の中央から、脇(わき)
    の下(☆印:床面)に向かって操作します。

(6) ママの右肘(ひじ)は少し曲げたままです。けして伸ばさないで下さい。
    ママの上体は動いても、左手はほとんど動かないようにして下さい。

(7) 右胸鎖関節の操作は1回で終わりです。

    以上の操作を赤ちゃんの「左胸鎖関節」でも行って下さい。


【要点】 胸鎖関節の特徴や操作の誤り

① 上肢は肩から始まっていると考えていませんか?胸鎖関節は上肢の
   始点です。

② 胸鎖関節は構造上、鎖骨が上方に浮き上がり、胸骨から離れるよう
   に、ノドの方向に上がるようなズレ方をしています。この事を念頭に置
   き操作して下さい。

③ 操作によって矯正されると「ポキッ」といった音がします。

④ 操作の誤りやすい事項として。

   (ⅰ) のどに手根部をかけない。せき込みます。(上すぎない)

   (ⅱ) 肋骨(ろっこつ)に手根部をかけない。肋骨が炎症をおこします。
       (下すぎない)

   (ⅲ) 真下に加圧したり、前のめりになり過ぎない。加圧方向が狂い、
      関節が入りません。

   (ⅳ) 小手先だけの操作をしない。胸鎖関節に痛みが出ます。
←BACK  NEXT→



TOP院長プロフィール医学の盲点は免疫力の軽視骨盤の歪みは万病のもと(原因)
人はこうして病気になる骨盤矯正(骨盤調整)のここがスゴイ!ママは治療師
顔はほてるし手足は冷えるわけお尻からおおきくなり太るわけ
ゴムバンド健康法施術写真回復事例ご案内お問い合わせ


岐阜県岐阜市白菊町3-14マルイチビル2F  ℡ 058(232)5036

Copyright (C) 2005 Pelvic Health Center All Rights Reserved.