2) 腰椎を正す操作

 腰椎(図2.脊柱と仙腸関節参照)を捻転して正す操作です。

図8.腰椎を正す操作

<赤ちゃんの姿勢>

(1) 右腕を下にして横向きに寝ます。

(2) おへそを中心に「くの字の姿勢」で、右腕を赤ちゃんの顔の前方に
   引っぱり、赤ちゃんの右肩を前方に出します。

(3) 顎(あご)を引き頭を前に倒します。左足を右足の前方に出して、
   「左の腰椎」を捻転しやすい姿勢にします。

<ママ>


(4) 両膝を開いて、赤ちゃんの腋(わき)の下と膝(ひざ)の前に、左右の
    膝を床に立て腰を浮かせて構えます。


(5) 左手で赤ちゃんの左肩を横から支えるように、そっと添えます。

(6) 右手は腋(わき)を開き肘(ひじ)を前方に突き出し、右手を赤ちゃん
    のお尻にかぶせるように乗せ、右手人差し指が自分の股間を指すよ
    うに構えます。

(7) ママは前方に乗り出すようにしながら、両膝に残していた重心を
    徐々に右手に移しながら、同時に、右手は自分の股間中心真下に
    向かって、少し引き込むように、赤ちゃんのお尻を斜めに倒しながら、
    自然に押さえ込み、「ツメ」の体勢ができた瞬間に、一気に加圧操作
    をします。「ハッ」と。

(8) 右手の加圧操作の方向は、自分の股間の中心真下です。右手に力
    を入れず腰の力で操作します。

(9) 加圧の瞬間、ママの左手は赤ちゃんの肩を横から絶対に押さえない
    こと。そっと肩を支えるように添えているだけです。

(10) 赤ちゃんは同じ姿勢で、ママは同じ操作を二回ほど行います。
    以上の操作を赤ちゃんの「右の腰椎」でも行ってください。

【要点】 操作の「ポキポキ」、「ミシミシ」は健康な証拠です。

@ 腰椎を捻転する瞬間に、健康な赤ちゃんは「ポキポキ」と腰椎が矯正
   (調整)される音がします。病気の赤ちゃんは腰椎も硬く捻転できませ
   ん。よって、音もしません。でも「五つの治療」を続けるうちに、1)仙腸
   関節を正す操作で仙腸関節が「ポキン」と鳴り、骨盤のズレが矯正され
   てくると、腰椎の捻転操作でも、「ポキッ」といった音がし、腰椎が矯正
   されるようになります。

A さらに治療が進み、赤ちゃんが健康になってくると、腰椎と胸椎(図2、
   脊柱と仙腸関節 参照)が同時に矯正され「ミシミシ」といった軽い音に
   変ります。医師やテレビでも「ポキポキ」やるのは悪いことだといった風
   説があります。間違った常識です。健康な人ほど「ミシミシ」と軽くよく鳴
   ります。難病の子でも諦めず続けて下さい。必ず人のからだは健康に
   なるようにできています。頑張って下さい。

B 尚、腰椎の捻転で大切なことは、1.赤ちゃんとママの姿勢、2.ママの右
   手の向きと加圧方向です。この2つの方法が悪いと健康な赤ちゃんでも
   捻転できません。捻転する時のお母さんの腰の力は重要です。しかし、
   無理な力で捻転しないようにして下さい。上達すると小さな力で捻転で
   きます。上達するにはママも健康になることです。
←BACK  NEXT→


TOP院長プロフィール医学の盲点は免疫力の軽視骨盤の歪みは万病のもと(原因)
人はこうして病気になる骨盤矯正(骨盤調整)のここがスゴイ!ママは治療師
顔はほてるし手足は冷えるわけお尻からおおきくなり太るわけ
ゴムバンド健康法施術写真回復事例ご案内お問い合わせ


岐阜県岐阜市白菊町3−14マルイチビル2F   058(232)5036

Copyright (C) 2005 Pelvic Health Center All Rights Reserved.